カード紹介

6.Celebrate You【The Answer is Simple】

久しぶりのカード紹介記事です!

今回のカードは、ヨーロッパの仮面舞踏会のシーンなのでしょうか、頭にはカツラを付け、豪華なドレスを身に着けて着飾り、目元には仮面をつけている紳士淑女が見られます。中央のピンク色のドレスの女性は、一人だけ仮面を外し、何だかとっても楽しそう。

そうなんですよ。元々、こちらのみなさん、”着飾り過ぎ”な印象です。身軽って最高にハッピーと日頃から感じている私には、何だかとっても窮屈そうに思えます。

いえ、もちろん”仮面”は、生活する上で必要なものなのかもしれません。常に自分の本音を出しながら生活をするというのは、いらぬ軋轢を生じさせるだけですし、TPOに合わせて自分のふるまいを変えるという事が悪いということではないんですよ。

ただ、自分の本質に合わない仮面をつけ続けている弊害というのはやっぱりあるんだろうなぁと思ってしまうんです。

 

その一つには、息苦しさがあげられます。

息が上手に吸えない、息苦しくなってくる、何だかその場から逃げ出したい、そんな閉塞感と言いますか、窮屈さ。

わたしは、窓が開かない高層階の広いオフィスでオフィスカジュアルの格好で仕事をしているような場面だと、かなりムズムズしてしまいます。笑

一応、それなりのクオリティで仕事ができるだろうと、思いますけども、これをずーっとやっていると、肩が凝って仕方がないです。物理的なものだけではなく、心も凝り固まっていくように思います。

短期間とか、期間限定であれば、息抜きともなるのかもしれませんけれども、長期間継続的に続けていたいとは思いません。

 

自分が心地よく過ごせる場所(環境)って誰しも違うと思うんですよね。みんなが心地よく過ごしているからと言って、じゃあそこが自分にとってパラダイスかって言うと、そうじゃない場合は、もちろんあります。

だからこそ、自分の基準でもって、自分が息の吸いやすい場所や環境はどういう所だろう?どういう風に過ごしていると心地いいんだろう?と考える事が、大事なんですよねぇ。

子どもの頃は、割と、与えられた環境で楽しく過ごすことを求められる時期だと感じているのですが、大人になった今だからこそ、自分からそういう場所を探しに行き、自分が思うように振る舞ってみることができる。

そして、そういうプロセスを経ているかどうかって、自然と、会話や行動から感じ取れます。

自分が心地よく過ごすための試行錯誤の時間は、積極的にとりたいなぁと改めて気づかせてくれる、そんなカードです。

 

 

ABOUT ME
JOY
大学卒業後、教員として働く。その後、オーストラリアでのワーキングホリデーを1年間たのしみ、生きることのおもしろさをとことん味わう。今まで大事にしていた価値観を、「おりゃ~!」っと、投げ捨てて、もっと自由に、おもしろく過ごすための生き方を模索中。