2020九州

九州旅行4日目(長崎→熊本)山奥で人生初めてのキャンプ

この日は、長崎を出発しまして、熊本県へ向かいます。まずは島原市を目指して、そこからフェリーで熊本市へ渡ろう大作戦!

朝ご飯は、買っておいたバナナを食べたんだったかな?あんまり朝からがっつり食べない二人なので、旅行中は朝ご飯はパンとか簡単なもので済ませてましたよ。

のんびりとホテルをチェックアウトして、駐車場へ行ったらまずビックリ。笑

前日のサーフィンで使用したウェアが干してあるわ、屋根部分にはおなじみの、サーフィン後のビーチクリーンをして回収したゴミがのっかっているわで、周りの車とのギャップにおもしろさを感じました。

彼はサーフィンをしたらゴミを拾ってから帰る人なので、彼の車の上には割とゴミがのっかっている率が高いです。地球に楽しませてもらっているのだしっていう、軽い気持ちでゴミ拾いしちゃうところが、彼の自然な生き方なんだろうなぁと、毎度感心しております。

こちらの軽自動車のMOCOちゃんに車中泊をした様子なんかも、また後程お届けしますのでね。この車にどう二人で寝たのか、おたのしみに。

車で出発しまして、まずは島原方面へ向かいます。途中休憩も挟みつつで、1時間半~2時間くらいで着いたんじゃないだろうか。

島原に着いたら、お友達に教えてもらっていた地元でも評判という、姫松屋さんでご飯を食べましたよ。

オススメと言いますか、名物?が確か何かあったのですが、どうしても食べたかったので、天ざるを食べました。さっぱりでおいしかったです♡

ん?

ああ、そうです!

島原名物、具雑煮!!

確かそれが推されていたのです!当日、本当にとーっても熱かったので、天ざるを食べたんだった!(ホームページを見て思い出した)

さっぱりな天ざるを食べたら、デザートも頂きたくなったんですが、どうせフェリー乗り場に、セブンティーンアイスでもあるだろうと、その後寄り道もせず、まっすぐフェリー乗り場へ向かいました。

乗り場へ着いたら、あっついあっつい。たぶんわたし1mmくらい溶けました。本当に暑かった。そしてやっぱりありました。セブンティーンアイス♡見つけてすーぐ自販機で買っちゃったもんね~♪おいしかった!!

わたし観光中って、アイスを食べたくなる人なんですが、地元ならではのアイスももちろん大好きですが、このセブンティーンアイスも食べたくなっちゃう人なんです。なので旅行中も、自販機はないかと目を光らせてましたよ。ふふふふふ。

さ、フェリーには車ごと乗りこみます。そう言えば、フェリーのチケットは当日の朝の内にWEBで予約購入をしていたのですが、割引になる時間帯もありましたのでね。乗られる方は事前に要確認でございます。

フェリー乗り場は日陰も何もない世界だったので、本当にわたし、溶けてたと思います。見てよ、この、アスファルトの世界。涙

おかげさまで、フェリーに乗り込んだらば、クーラーがきいた客席部分で、ぐっすりお昼寝をしました。暑いと、生きてるだけで、疲れるもんね。うんうん。

体力があるようでない人間なので、こまめな休憩大事。車で移動している時も、お昼寝タイムを取ってました。ね。一生懸命運転している人の横で、ぐっすり。ふふふ←ひどいw

さあさあ、熊本に着いてから、少々どうするか考える時間が必要でした。

【今日、誰に会いに行くか、どこへ泊るか】を決めないまま、熊本入りしましたので、ここからどうしようかなぁってね。

もともと彼が連絡を取ろうとしていたエコビレッジさんがありますが、この段階ではまだ連絡を頂けておらず。もし伺えるのであれば、そこでキャンプさせてもらう予定でした。

もし連絡が翌日以降になりそうであれば、近くの道の駅で車中泊をして翌日向かえばいい。

ただ「近くの道の駅」がくせもので、わたし(車中泊ビギナー)はできればお風呂が併設されている道の駅での車中泊を希望していたので、そういう条件で検索をしてですね。温泉施設併設の道の駅はいくつか出てくるものの、当時はまだコロナの関係で施設が休館な場所も多く、「よし、ここへ行こう!」という場所が見つかりませんでした。

二人とも考えようとするものの、暑さ疲れ、移動疲れもあってか、頭が動かず。笑

ひとまず、近くの公園で、アーシング休憩をしました。

裸足で自然に触れると、頭も心もスッキリしますよねぇ。木陰も何だか涼しく感じましたし、ゆっくり外に座りながら考えると、いい案を思いつきやすい気もします。

そんな感じで、これからどうしようかなぁと考えた結果、一旦、営業している事が確認できたスーパー銭湯へ行って、お風呂へ入り、休憩もしながら、エコビレッジさんからの連絡を待つ。もし連絡がこなければ、道の駅へ移動して車中泊をすればいいし、連絡が来るようだったらお風呂上がりで向かえばいい、という事になりました。

【熊本市 → スーパー銭湯 → エコビレッジさん】という位置関係だったので、待機だけの時間というよりは、移動の時間も込みで動けるため、我ながらいい案だな、と。笑

熊本市内からスーパー銭湯までが車で1時間だったかな?でして。到着して、彼がスマホを確認してみると、ちょうど連絡が入りました!ナイスタイミング~!

泊まれるのであれば、エコビレッジさんでお風呂に入ればいいので、スーパー銭湯には入らず、そこからさらに車で1時間かけて、三角エコビレッジSAIHATEさんへ向かいます。

「エコビレッジ」って何なの?って思われる方はですね。上のリンクへ行ってみてくださいね。

実はわたしもいまいちよく理解していないのですが、農業や自然と関わりながら自然に生きる、だったり、資本主義経済だけにとらわれない循環型社会の実践をテーマに生活をされている方々のコミュニティかな?と、うっすら考えましたが、深く理解しているとはとても言えませんので、自分の目でどんなところだか、確かめてみてくださいね。

サイハテさん、とっても山の中にありました!山道を車でこれでもかってくらい走った気がします。夕方とは言え、まだ明るい時間でよかったよ!道幅が狭い上に外灯ももちろんないので、夜はあの道走れないだろうなぁ。

ということで、わたくし、人生初めてのキャンプです。見て―!初めてのキャンプはこんな場所でしたー!元々みかん畑だった場所らしく、これからキャンプサイトとして整えていく予定とのことでしたよ。段々畑だったのか、下が深くってねぇ!夜歩く時は落下に気を付けねばでした。

彼はサーファーでもありますが、年がら年中キャンプしている達人でもありますので、ほぼわたしは何もせず、テントができあがるのを応援しました。←おい

設営が終わったら、ちょうど夕暮れ前と言ったタイミングでございまして、いやぁ、眺めがすごく、本当にすごくきれいでした。山の上から海や街を一望でき、夕暮れ色になっていく空とか、もう、全部がきれいでした。

設営が終わったら、シャワールームをお借りして、その後は晩ご飯です。彼が持っていた自炊セットでお米を炊いて、サイハテラボさんで提供しているものをお供に、のんびりとご飯タイムを取りました。

お外で食べるご飯って何であんなにおいしいんだろう!!お米から何から、全部おいしかったもんね!そして日が暮れてからは、遠くに見える待ち明かりがキラキラしていて、それもとってもきれいだったなぁ。

この日は、思った以上に移動の多い一日となりまして、刺激がたくさんあって大興奮だったこともあってか、夜はぐっすり寝られました。キャンプって、たのしいなぁ。自然の音の中で寝るのってあんなに心地いいんですね。知らなかったわぁ。

 

次回、「え、スイートルームが3360円?何の詐欺?」です。おたのしみに!

 

ABOUT ME
JOY
大学卒業後、教員として働く。その後、オーストラリアでのワーキングホリデーを1年間たのしみ、生きることのおもしろさをとことん味わう。今まで大事にしていた価値観を、「おりゃ~!」っと、投げ捨てて、もっと自由に、おもしろく過ごすための生き方を模索中。