LIFESTYLE

これからの時代の生き方

2020年は時代の転換期だったねと、後に語られるんだろうなという時期を過ごしている訳ですけれども、みなさん、お元気でしょうか。

歴史教科書に書いてあるような出来事を学ぶ時に、あの時代に生きていた人はどんな気持ちだったんだろうと想像したりしたことのある人もたくさんいるんじゃないかと思うんです。

幸か不幸かさっぱりわかりませんけれども、とにかく、2020年以前と以後で、価値観や生活様式が「切り替わる」と言うと変かな、こう、大きく変化するんじゃないかというタイミングに、”たまたま”生を受けてしまった訳ですので、考えずにはいられませんね。

さて、これから、どうやって生きて行こうかな。

私の価値観は、割と周りの人と違うと言う場面がありまして、ですので、こちらで話す内容も、一般的なものではなく、私が勝手にそう感じているんだよという話でございますので、そういう偏った意見は聞きたかないんだという方は、そっとページを閉じておくれやす。

私が思う、2020年以降の生き方で大切だと思うポイント、1つ目!

① 今まで大事に持っていた安心感の基準を捨てておく

捨てられてる人と、捨てられていない人が混在しているので、あえて一つ目にあげました。あのですね、時代が変わると言うタイミングは、いろいろなものが動きます。それは物流だと以下そういう話ではなく、人の価値観・判断基準・善悪の基準がと言う意味なんですね。

日本の歴史で言いますと、戦前(戦中)と戦後の時代を観察してみたらよくお分かりの通り、価値観が180度違うなんて自体は起こりえますしね。

お国のために我慢しろって!我慢してたらみんなが幸せになるって言ったじゃないかー!我慢しても幸せになりゃせんのかーい!(ドンガラガッシャーン)

みたいな、ちゃぶ台返しどんでん返しが平気で起こるのが、時代の転換期のおもしろいところですね。

さすがに、今の価値観から180度違う価値観になるのかと聞かれたら、そんな事ないですよ。だってそれって、今と真逆の価値観になりますよって事ですもんね。正反対の価値観へ向かいますって言う意味ではないんです。

これからは、今の文明の歴史ではまだ経験したことのない、新しい価値観へ進むんです。

いや、でも、それがじゃあどういった価値観なのかは、私にはわからないよ。期待させたんならごめんね。笑

私が歴史を勉強している時にさ、勝手に感じた事なのだけど、時代が変わる時(価値観が大きく変わる時)は、民衆は「裏切られる」のよね。それまで、えー、何、政府とか?いや、王家とか?が「こうしていたら安心ですよー」「こういう生き方が模範的なのですー」って偉い人に言わせたり、メディアを操作したりして民衆をマインドコントロールするのは、その方が支配側にとって都合がいいからじゃないですか。

そしてそれを鵜呑みにして、何も考えず、生きていくのが楽だと思っている人は、その言われた通りの生き方をするわけですよ。支配者に搾取されていたとしても、みんな搾取されてるから「これってある種、平等~♪るんるん」みたいに無意識で感じてる人もいるしね。「考えない、考えない、私は自分では何も考えず、周りのみんなと同じことをするの~♪きゅるん」な人もいっぱいいます。

マジデホントバカカヨ

ともかく、私が言いたい事はですね。時代の転換期には、「安心・安全・正解」だと言われていた(思わされていた)ものが、「実は違いました~(タッタラーン)」となるケースが多いのです。

ですので、今現在あなたが抱えている「こうしておけば大丈夫」という基準ですね。例えば、なんでしょうか。保険に入っておけば万が一の時にも安心とか?会社に勤めていたら一生くいっぱぐれることはないとか?結婚して家族を持てば真っ当な人間とか?こういう「社会的に見た正解」を握りしめてれば握りしめてるほど、次の時代の価値観に適応するのがむずかしくなります。

そうして、新しい時代に、旧時代の価値観を握りしめたまま生きていくことになるのです。こわやこわや。

自分の価値観の中には、自分の中から発生したものではなく、社会によって与えられた価値観が存在しています。まずは、それを見つけるのです。

自分が大切にしたい価値観なのか、それとも、「親や先生(偉い人)が大事って言ってたし、私にはよくわからないけど、守らなきゃいけない価値観なのだと思う」的な価値観なのか。

視野を広げるのです。自分の世界を広げてみましょう。そのためには、自分とは違う意見の人の考え方に触れる必要があります。本やブログでもいいですし、今はyoutubeで色々な人の考え方を知ることができます。いろんな人の意見を知れば知るほど、「ああ、世の中に正解の生き方なんてなかったんだなぁ」と気づくはずです。

お願いです。学ぼうとしてください。

教材を与えられるのを待つのではなく、自分から探しに行くのです。

図書館へ行けばいろんな本があります。タダです。youtubeを見ればいろんなコンテンツがあります。もちろんタダです。

行動し始めたら、自然と、自分のもとに必要な情報は集まってきます。そうやっていろいろな情報から、社会の構造(支配の構造)、自由の構造なんかを学んでみて、また改めて、では自分はどのように生きていきたいかについて、考えてみればいいのです。

自分を自由にするためには、まずは自分の頭の中の価値観を、自由に解放させてあげる必要があるのです。

ね。

はい。

2020年以降の生き方で大切だと思うポイント2つ目を書く体力が残されておりませんでしたので、今回はここまで!(おい)

次回以降、書くのか書かないのか、2つ目のポイント!

お楽しみに!

ABOUT ME
JOY
大学卒業後、教員として働く。その後、オーストラリアでのワーキングホリデーを1年間たのしみ、生きることのおもしろさをとことん味わう。今まで大事にしていた価値観を、「おりゃ~!」っと、投げ捨てて、もっと自由に、おもしろく過ごすための生き方を模索中。