WORK

スピリチュアルな仕事をする時に大事なこと

私の意見ですので!

他の方には他の方の意見っちゅーのがあるのはわかっとりますが、私のブログなので、私の意見を書くね!

 

初めてカードリーディングでお金を頂いたのが、2017年の3月です。

そこからようやっと3年経過しまして、その年月の中で、私なりに考えたことがあるんです。

 

スピリチュアルの仕事って何だろう?

一つに、自分が受け取った感覚を言葉にしてお伝えすることがあります。

 

私は特に、オラクルカードなどを引いて、そのメッセージや意味をお伝えするスタイルですので、まさにこれです。

いわゆるインスピレーションや直感という部分になるかと思うのですが、これが意外と曲者です。

例えば、例えばリーディング中に、何かしらかのイメージを受け取ったとしましょう。

そうです、こんな感じで。

三者三様で、受け取り方が違ったようです。

Aさんは、食べると元気100倍になりそうなおいしそうなパンを、

Bさんは、人の形をした何かを、

Cさんは、映像ではなく、「愛と勇気」という言葉として受け取った様子です。

はい、お分かりの通り、この時に伝えられたイメージが「アンパンマン」だったと。

どうです。誰が正解で、誰が不正解ですか?

 

3人ともしっかりイメージは受け取っています。しかし、みんな受け取り方が違うという事です。

こういう場面、めっちゃあります。同じことをリーディングしていても、受け取るイメージや、解釈が異なるケースなんて山ほどあります。

だからこそ、自分が受け取ったイメージを、しっかりと受け取るということが大事だと感じています。決して否定しない。

この、同じ事象でも、観察者によって解釈が異なる理由としては、その人のリーディング能力(精度)はもちろん関係しそうですが、とてもとても大事なこととして、受け取る側の存在が、地球で肉体を持って生きている人間である、ということが大きな理由だろうと考えました。

 

AさんもBさんもCさんも、地球で生まれ、自分の人生を歩いてきた人間ですので、それぞれ、自分の人生の中で獲得した「価値観」を持っています。そして、時には傷つき、人間不信になってみたり、辛い経験の中で獲得した「恐れ」や「不安」もあるかもしれません。

そう言ったフィルターを、人間であれば誰しも持っているのではないでしょうか。

そして、イメージやヴィジョンは、こう言った各々が持っているフィルターを通って、私たちのところへ直感であったり、インスピレーションとしてやってくるのです。

偏った価値観、思い込み、不安や恐れと言ったものがあればあるほど、フィルターをそのまま通過することが困難になります。

 

Aさんは、もしかしたら、「物事で大切なのは外見じゃなくって中身だ!」と思いすぎて力んでしまっているので、アンパンマンの中身というか物質そのものとしての「アンパン」のイメージを拾ってしまい、外見を置いてけぼりにしたために、結果、ただのパンとしてイメージを受け取ってしまったかもしれません。

Bさんは、もしかしたら、「パッとまず最初に思いついたものが重要だから!」と決めつけてしまい、結果として、輪郭の形しか受け取れなかったのかもしれません。

そしてCさん、もしかしたら、「自分にはイメージを受け取ることなんてできないもの。せいぜい言葉くらいだわ」と思い込んでいるので、「愛と勇気」というアンパンマンの本質の精神だけを、言葉として受け取ったのかもしれませんね。

 

イメージは、私たちそれぞれが持つフィルターを通って、受け取ります。

だからこそ、スピリチュアル関係のお仕事と言いますか、リーディングをしている身としては、フィルターができるだけクリアな状態であるように、日々己を鍛えることが必要なんだと思っています。

例えば、偏見や思い込みを減らすためには、広い世界を知ることが大切になります。自分だけの世界に閉じこもらず、自分の目や足で確かめる。時には本を読んだり、ブログを読んでみたり、いろんな人の意見や価値観をどんどん知る。そうやって自分の世界を拡張し、さらに、スピリチュアルな事柄を深く理解して、世の中の動きを、誰かの目ではなく、自分の目で観察する。

不安や恐れを手放すためには、自分の中の、触られたくない”痛い部分”と向き合う必要もあります。「逃げたいけど逃げられない、ああ、あなたの事なんて忘れたいのに」みたいな事と向き合って乗り越える時の、あのどうしようもない感覚。そう言ったものと向き合って、自分の中の恐れや不安と仲良くなることで、また、いろいろなものに対しての自分の感じ方が変わるということもありますもんね。

つまり、大きくまとめてしまうと、この二つ、自分の頭で考えることと、自分自身に向き合うということが、私はスピリチュアルな仕事をする上で、ものすごく大切だと考えているんです。

 

とは言え、自分がそれを完璧にできているかと言えば、そうでもありません。

それは自分でもわかっているので、自分なりに、そして誠実にリーディングをした上で、「この時の自分はこう感じたんだなあ」と受け取ることがあります。諦めでも妥協でもなく、「その段階の自分を認める作業」だと、自分では思っています。よっぽどのことがなければ、自分の感覚は否定しません。

自分を信頼し、認める(受け入れる)というこも、やはり大事だからです。

 

あ、でも、場数ふむのも大事だよね。慣れな部分ってやっぱりあるものなあ。

ふふふ( *´艸`)

さて、スピリチュアルな仕事をする場合に、大事な事って一体なんでしょうね。

ABOUT ME
JOY
大学卒業後、教員として働く。その後、オーストラリアでのワーキングホリデーを1年間たのしみ、生きることのおもしろさをとことん味わう。今まで大事にしていた価値観を、「おりゃ~!」っと、投げ捨てて、もっと自由に、おもしろく過ごすための生き方を模索中。