MY SERVICE

スピリチュアルリーディングって何?

私も、わからない!誰か!教えてくださーーーーい!(おい!w)

JOYが、自分なりに何をしているかと言いますと、とてもとても単純に、「感覚を言語化」しています。

 

カードリーディングの時は、カードをめくって見ると、だいたいモワンとした感覚があります。その”モワン”が「何かな?どういう意味かな?」を掴んで、言葉にします。

お話をしていていても、基本は同じです。目の前の人とのお話し中に感じた、”モワン”に対して、それが何を表していて、どういう意味が含まれているのかを、観察して理解し、何かをお伝えする時はそれをわかりやすく言葉にします。

感覚を言葉にするのって、むずかしいですよね!いや、これって人間全員そうなんじゃないかと思います!気持ちを感じることはみんな自然とするけれど、それを言葉に直すって大変な時もありますよね。

だから、モヤモヤしたとか、そういう言葉にならない感情を感じてしまう。

 

スピリチュアルな感覚は全人類みんな持ってると思ってるんです。五感以上で何かを認識することは、特別な事なんかじゃなく、多くの人ができると思ってます。(自分の中の感覚を無視せず、意識している人であれば。)

でも。もしかしたら。その感覚をわざわざ言葉にしているヘンタイ(おっと)人はそんなに多くないのかもしれないですね。いや、だって、普通に考えて、大変だもんね。

あ、意識せずともとってもナチュラルにできちゃう人もいるよね!いろんなタイプの人がいるけれど、私が体験したのをベースに話してるからさ。多少の偏りは許してちょんまげ☆

 

例えば、自分が目隠しをした状態で、柑橘系の果物に匂いをかがされ、「さあ、果物の名前は何でしょう?」ってクイズを出されるのに似てるんだよね。

最初は、「え、、か、かんきつ系の、、、みかんっぽい、、えっと」のような不確かさだったものが、その後いろーんな柑橘系の匂いをかいでいった結果、「あ、はい、この匂いはデコポンです」って自信を持てる。

感覚を言語化するのは、私はこの作業に近いです。

匂いはするけれど、何の匂いわからない。いろんな匂いを知る。匂いの判別がつく。

何かしらかの感覚はする。どういう意味か分からない。色んな感覚を味わって、判別がつくようになってくる(意味がわかるようになる)。

 

なので、私のケースで言うと、お仕事を始めたばかりの2017年よりも、お話しの最中にキャッチできるものが増えていますし、またそれを言葉にしてお伝えするのもスムーズになっています。

もはや「感覚の通訳さん」みたいなものだと思っているので、これはもう、「場数よ、ありがとう」の世界です。笑

ちなみに、感覚の判別がだんだんついてくる時の増え方は「1+1=2」みたいなカウントではなく、「1+3=120」のように、一個わかると「あれも!これも?」とどんどん感覚が開いていく感じでして。

だもので、いろんな感覚を味わうのが好きなんだよねえ。すっごい楽しいです。色んな人に会って、色んなお話しを聞きたいのも、こういう部分が関係しているように思います。

 

さらに、私は、その感覚を言葉にするという作業も好きです。いや、難しいんだけど、何かこう、「難しいからこそ、楽しい」と言いますか。←ふいに出るM心(笑)

 

根がオタク気質なので、気になるものは、自分が納得するまで深掘りしたくなっちゃうんだよね。お話ししてて、私がよくわからない”モワン”を醸し出す人がいると、時間の許す限り根掘り葉掘りお話を伺っちゃう癖があります。

なので、軽い気持ちで私と話そうと思っただけの人が、とてもとても自分の事を話すことになってしまうというケースが結構ある。いやー、ごめんちゃい☆

 

でも!でもね!(スーパー言い訳タイム)

そうやっていっぱい話した後、不思議とその人、スッキリしてるんだよ!しかも「あー、自分がモヤモヤしてた理由がわかりました♪」とか言って爽やかに帰っていくの!わたしはひたすら聞いてただけなのに!ありがたいなあ!

やーっぱり、みんな自分の中の”持て余している変な感覚”を言語化(それが何なのか認識)できたら、それだけでスッキリしちゃうもんだと思うんだよねえ。

 

あ、何の話だっけか?

ええっと。

私のスピリチュアルリーディングは、ひたすらお話しを伺う回もあります。

(あれ、私が最初に書こうと思ってた結末と、何か違う)

(ま、いいか)

ABOUT ME
JOY
大学卒業後、教員として働く。その後、オーストラリアでのワーキングホリデーを1年間たのしみ、生きることのおもしろさをとことん味わう。今まで大事にしていた価値観を、「おりゃ~!」っと、投げ捨てて、もっと自由に、おもしろく過ごすための生き方を模索中。