MY SERVICE

ほぼ独学でスピリチュアルセッションを始めちゃった経緯

すいません。始めに、謝ります。本当に、ごめんちゃい。

今日のテーマはですね、自分がお仕事をしていて若干負い目というか、わたしがこんなお仕事しちゃってていいんだろうかと、たまーに思っちゃう部分でして、あまり大声で言っていない部分だったりします。

なので、隠したいような部分ならむしろ逆にそういう部分を全開で書いてみようかなって( *´艸`)ふふふ

ええっと、そもそも占い・スピリチュアル・人生哲学系が好きで、あれこれ本を読んだり、ブログを読んだりしていた私が、初めてカードリーディングをしてもらったのが2017年の年始くらいです。

その時のリーディングしてもらった内容には、背中を押してもらいまして、人生が二歩三歩とすすむ展開にはなった訳ですが、若干、ほんの少し、違和感を感じる部分があるリーディングでした。

それで、当時、心がもっとゆるんで生きやすくなりたいなあと、とあるセッションを受けていましてね。そのセッションの時にお話ししたんです。

「あのね、こないだ、かくかくしかじかで、カードリーディングしてもらってね。内容はとっても納得したんだけどね。その人が『このカードの意味は〇〇で』っていうのとね、カードが言ってる内容が違う風に思ったんだ~。」

つまり、当時のわたし、カードを引いてくれた方が説明してくれた、カードの解説書に書いてあるカード本来の意味とは違う、カードが伝えてくるメッセージが気になっちまった訳ですね。

 

ね。

こわいですか?笑

カードが話してくるっていう言い方が怖く聞こえる?何て言えばいいんだろ。あ、でも、ほら、空耳とかで聞こえて来たってことにしたらいいかな?←

で、私が相談していたセラピストさんは、「あ~れま、JOYちゃん、カードとお話しできちゃったんだねえ。」と言いましてね。そうやって言われて、ふと、私、「あ、わたしカードリーディングできるかも」って思っちゃった訳でやんす。

もともとその世界に興味があったのと、あと「JOYちゃんの本質ってめちゃくちゃヒーラーに向いてるよねえ」と褒められてうれしくなったりしちゃったこともあったりでね(照れ)、思い切ってカードリーディングのお仕事してみるかな!って勢いで始めてしまいました。

 

そのセラピストさんに、一度カードリーディングの練習をしてもらいましてね。その時に、私がどうカードとお話ししているか(リーディング内容のクオリティ)の確認と、カードの置き方・見立て方を教わりまして。

その練習会で、お悩み相談やら、人間関係のリーディングやらも練習したんですが、最後の方で、じゃあ私のリーディングメニューをいくらにしようかと言う話になった時に、

「JOYちゃん、自分のメニューがいくらかカードに聞いてみたら?」と言われ、「はーい」ってやってみたところ、リーディングできちまいましてね。「おお、どうやらこういうエネルギーリーディングもできるらしい」と判明しました。

それがきっかけで誕生したのが、お値段リーディングになります。

 

こうして、勢いで誕生したお値段リーディング、今の所、やってるの、わたしくらいじゃないかな?

お値段リーディングのおかげで、いろいろとおもしろい人たちとも出会う事ができ、本当に私の人生がとても愉快なことになっていて、うれしい限りです。

ということで、私のカードリーディングは、一般的なカードリーディングの教科書や解説書を参考にしてません。置き方も自分流な上に、リーディングの仕方も自分流です。

それでも、お客様には「こんなに楽しそうにカード引く人初めて見た」「ユニークなリーディングですが、胸に刺さりまくりました」とたのしんで貰えているようですよ。

 

こういう経緯でして、どの流派にも属していない、ほぼ天然素材でお届けしているリーディングセッションです。笑

 

2017年の4月くらいに始めまして、数字にしたらきっとそんなにたくさんではありませんが、私のこれまでの人生で比較すると、本当にたくさんの方に受けて頂きました。(なぜこんなあいまいな言い方してるかって、受けて頂いたお客様のカウントができないからじゃよ。笑)

でも実は、もっとたくさんの方のリーディングをしたいと思ってます!

▼お値段リーディングが気になる方は、コチラの記事をチェックしてね▼

あわせて読みたい
ご提供中のメニュー お値段リーディングのご案内 【お値段リーディングとは】 ご相談者様がお仕事をされてる時のエネルギーをリーディングしまして、そ...

しばらくはこの内容でお値段リーディングをしておりますので、興味がある方は、ぜひお申込みしてください!

ほいでは、また~

ABOUT ME
JOY
大学卒業後、教員として働く。その後、オーストラリアでのワーキングホリデーを1年間たのしみ、生きることのおもしろさをとことん味わう。今まで大事にしていた価値観を、「おりゃ~!」っと、投げ捨てて、もっと自由に、おもしろく過ごすための生き方を模索中。