JOURNEY

川湯神社のおじいちゃんとの会話

こちら北海道の知床にきて、一カ月経過した頃に遊びに行った、川湯温泉でのお話しです。

知床斜里駅から、川湯温泉駅までは、電車でだいたい45分少々でして、のんびりと列車の旅をたのしみながら、向かいました爆  笑

川湯温泉付近にですね、硫黄山というお山がありまして遊びに来たわけなんですが、お山へ向かう途中に、たまたま川湯神社の前を通りかかったので、ご挨拶をしてきました口笛

お写真こちらです!

どう?かっこいいでしょう?川湯神社のおじいちゃんに「かっこよく撮れ」ってリクエストもらったので、自分なりにかっこよく撮った。笑

お隣には土俵もありました爆  笑

こちらの神社で、お参りをしていたらですね、空耳が聞こえて参りました。笑

「何か勝負事で勝ちたいものはないか?」

「えっと、勝負事ですか?特に、ない、の、ですけども滝汗」

「遠慮せず。何でもよい。勝ちたいものを言ってみろ。」

「えっとですね。勝ちたいものですか?滝汗本当に、最近まったり過ごしているもので、特にないような・・・」

「なんと!ないのか!ならば、”なしたいもの”はないか?」

「”なしたいもの”ですか?(ええと、叶えたい事っていう解釈でいいんだろうか)そうしたら、〇〇をどうしても、本当に、どうしても〇〇なんです。」

「うむ、わかった。任せろ。」

「あ、でも、それ叶えて頂いたとしても、こちらにまたお礼参りに来れる自信ないんですがっ!滝汗」

「構わん。叶った時に感謝の気持ちを向ければそれでよい。」

「ではその時は必ずそうします!(懐深い~)」

と、まあ、こんなやり取りをしましてね。迫力のあるおじいちゃんっぽい方でしたが、本当になんだか強そうで、熱い方でした。

この参拝の後にいった硫黄山は、山から硫黄が噴き出していて、本当に大きなお山で迫力がありました。エコミュージアムの方曰く、こちらの硫黄山は、活火山とのことで、元気いっぱいなエネルギー!

 

川湯神社のおじいちゃんのエネルギーとそっくりだったので、この辺りの守り神なんだろうなぁと思った次第です。

ちなみに、この川湯神社でお願いをした数日後には、そのお願い事が成就しました!

おじいちゃん、すっごい仕事早い~笑

参拝客はいらっしゃるみたいなんですが、おじいちゃんとお話をする人はあんまりいないようで、「話せてうれしい」みたいな事を言っていたから、張り切ってくれたんだろうかねぇ??

お約束通り、感謝の気持ちを向けて、お礼をさせて頂きましたよ~。

川湯のおじいちゃん、ありがと(*´▽`*)

そんなおもしろ遠足の記録でした。笑

ABOUT ME
JOY
大学卒業後、教員として働く。その後、オーストラリアでのワーキングホリデーを1年間たのしみ、生きることのおもしろさをとことん味わう。今まで大事にしていた価値観を、「おりゃ~!」っと、投げ捨てて、もっと自由に、おもしろく過ごすための生き方を模索中。