生きる

紹介してもらちった( *´艸`)2

前回の記事の続き

今回は、ともこさんの記事の内容に少し補足を・・・笑

私、31歳になりましたよ(‘ω’)来年の3月で32歳です。なぜか、みなさんに「若い」と言って頂く機会がとにかく多いこの私ですが、三十路はオーバーしておりますのでね。念のため。(あ、見た目年齢と精神年齢はまだ二十歳あたりかもしれませんがね。ふふふ。)

「士業」について。その後、サクッとお勉強を辞めました。試験は2年挑戦してダメだったんだよね。お勉強は得意な方だと思ってたんだけどな。法律は向いてないんだろかね?

今考えると、私にとってあの職業は、挑戦してみたいことではあったし、興味もあったし、”社会的に立派に見える”系の仕事ではあったのだけれど、心底やってみたいこと(お腹から熱くなるほどやりたいこと)ではなかったんだよなーって思ってます。

勉強期間中は、弁護士事務所でアルバイトしてたんだけど、肩こりがひどくなるほど緊張の日々だったんだよね。今思うと、「そもそも肌に合わない業界だったのでは?」なんて思っちゃってます。笑

そんなこんなでね。オーストラリアへ行って、すぐくらいだったかな。「あ、違う方向へ行こう」って自然と思えたから、勉強するの辞めたんだー。

そうそう日本を飛び出して、オーストラリアへ行った後、いろんな変化が私の中で起きてね。何て言うか、本当に肩の力が抜けたみたいでさ。何でしょう。今までずっと来てた鎧のような重さのアレコレを脱ぎだしたと言いますか。

スルスルスル~っと思考も価値観も軽くなった(ゆるんだ)おかげなのか、おかげさまで体重は14kg痩せました。オーストラリアダイエット、効くなぁ。←ちがう

今まで大事にしてた価値観が、そんなに大事じゃないって気づくと、ホントお気楽ご気楽、極楽気分で過ごせるんだね。知らなかったよ?

なので、日本にいる今も、できるだけ自分が自然体で過ごせるようにと意識をしています。

そうすると、さらに”社会的なあれこれ”という意識を捨てなきゃいけない(少し距離を置かなきゃいけない)ことがままあって。そういうのとの(あと自分の気持ちとの)上手な付き合い方を勉強しているような感じかなぁ。今はね。

記事の中にあったように、「世の中はこういうもの」的な上着を一枚ずつ脱いていってる感じなのです。

上手にできることもあるし、ずっこけていじける時もあるし、誰かとお話しして「よしよし」してもらう時もあるよ。まだまだわかんないことだらけだから、「自分は一体どう感じているんだろう」「どういう風に過ごしたいんだろう」「大切なことは何だっけ」って一個ずつ確認しながら(でもよくそういうのを見逃しながら)生活してます。

たのしいです(*´▽`*)

ちなみに、今まで大事にしてた価値観をポイってするとね、「はて、私はどうしたいんだろう?」って考える機会が格段に増えて、これはこれで大変です。正解がないし、隣のあの子と意見が食い違うことなんてざらだし、そもそも選ぶ基準ってどうしたらいいんだろう・・・みたいな根本的な問題もあったりで。頭で考えて整理すること、ココロで感じて判断することがいっぱいあって、まじでたまにすっごい疲れる。

それだけ、今まで、何も考えてこなかった(自分の感覚を無視してた)ってことかな?とも思う。

ま、でもいいよね。ちょっとずつ足場を固めてる最中なだけだからさ。基礎の勉強って、簡単そうに見える上に、地味なのが多いし、しかもあんまり成長してる感じしないっていう、あんた何重苦よ?状態だから嫌になっちゃいがちだけど、ここがしっかりしないと、上に積み上げられないものね(*´▽`*)ファイトだ、わたし。

ABOUT ME
chunghua
大学卒業後、教員として働く。その後、オーストラリアでのワーキングホリデーを1年間たのしみ、生きることのおもしろさをとことん味わう。今まで大事にしていた価値観を、「おりゃ~!」っと、投げ捨てて、もっと自由に、おもしろく過ごすための生き方を模索中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です